解説・年表・書誌データ作成にあたっては、以下の資料・データベースを基本検索ツールとして参照し、 できる限り現物も確認した。



(蔵書目録・データベース)

慶応義塾大学図書館蔵書目録
早稲田大学図書館蔵書目録
NACSIS-Webcat
国立国会図書館蔵書目録
大阪府立図書館蔵書目録
雑誌記事索引 (国立国会図書館提供)
Nacsis-IR
 経済学文献索引データベース
 学術雑誌目次速報データベース
 社会学文献情報データベース




(レファレンスツール)

『人物文献目録』
『雑誌記事索引集成:明治・大正・昭和前期 (社会科学編) 』
『経済史年鑑』
『日本経済史文献』
『三田評論総索引』
『三田学会雑誌索引』
『福沢諭吉とその門下書誌』
『明治前期学術雑誌論文記事総覧』
『明治前期学術雑誌論文記事集成』
『日本博士録』
『経済学文献季報』
『明治雑誌目次総覧』
『日本雑誌総目次要覧』
『雑誌総目次総覧索引集覧』
『明治人名辞典』
『大正人名辞典』
『昭和人名辞典』
『日本近現代人名辞典』
『新潮日本人名辞典』
『人物レファレンス事典』
『日本紳士録』
『文化人名録』(著作権台帳)
『慶応義塾百年史』
『慶応義塾年表』
『社会科学年表』
『索引政治経済大年表』
『近代日本総合年表』




以下は、慶応義塾の経済学を研究する上で、必要な参考文献のリストとして転載した。

池田幸弘, 三島憲之展示図録編集・執筆「福沢先生没後百年記念 慶応義塾の経済学」(慶應義塾図書館, 2001年)



有沢廣巳監修『昭和経済史 上』(日経文庫, 1994年)
遊郭久蔵編著『『資本論』研究史』(ミネルヴァ書房, 1958年)
Albert M. Craig,“John Hill Burton and Fukuzawa Yukichi”(『近代日本研究』1巻, 1984年)
Garret Droppers,Lectures on Science of Finance, The Keiogijiku College, 1896. (慶応義塾福澤研究センター所蔵)
藤原昭夫著『フランシス・ウェーランドの社会経済思想−近代日本,福澤諭吉とウェーランド』(日本経済評論社, 1993年)
藤原昭夫著『福沢諭吉の日本経済論』(日本経済評論社, 1998年)
福田徳三先生記念会『福田徳三先生の追憶』(中央公論社, 1960年)
福岡正夫『経済学と私』(創文社, 1994年)
福澤諭吉「三田演説第百回の記」(福澤文集二編. 1879年 / 福澤諭吉全集 第四巻. 1970年)
福澤諭吉『新訂 福翁自伝』(岩波文庫, 1978年)
羽鳥卓也「解題」(経済学および課税の原理 上巻. 1987年)
羽鳥卓也「リカードウ『経済学および課税の原理』について」(社会科学古典資料センター年報. 19号, 1999年)
平井新「解説」(小泉信三全集 第八巻. 文芸春秋, 1968年所収)
堀経夫『明治経済思想史』(日本経済評論社, 1991年)
堀江帰一「国家資本主義」(堀江帰一全集 第七巻. 改造社, 1929年)
早坂忠編『ケインズとの出遭い』(日本経済評論社, 1993年)
飯田裕康・塘茂樹「高橋誠一郎先生旧蔵古版本について」(高橋誠一郎旧蔵古版西洋経済書展. 丸善, 1993年)
飯田裕康「解説」,遊部久蔵『価値論と史的唯物論』(こぶし文庫, 2000年)
飯田鼎『飯田鼎著作集 第四巻』(御茶の水書房, 2000年)
飯田鼎「解説」(福澤諭吉選集 第八巻. 1981年)
Yukihiro Ikeda, “Der Einfluss der derdeutschen okonomischen Schulen in der modernen japanischen Nationalokonomie, am Beispiel von Kanju Kiga, Okonom der Keio Universitat”, in: Hohenheimer Themen, Bd. , 1996.
池田幸弘「ギャレット・ドロッパーズの経済学」(近代日本研究. 14巻, 1997年)
池田幸弘「シリーズ「義塾の20世紀」経済学の潮流(下)」(三田評論. 1019号, 1999年)
今谷明「福田徳三」(20世紀の歴史家たち(2)日本編 下. 1999年)
伊藤仁太郎『伊藤痴遊全集 続第七巻 大隈重信 犬養毅 江藤新平』(平凡社, 1931年)
川合隆男他監修『奥井復太郎著作集 別巻』(大空社, 1996年)
川合隆男・竹村秀樹編『近代日本社会学者小伝−書誌的考察−』(剄草書房, 1998年)
川合隆男・藤田弘夫編著『都市論と生活論の祖型−奥井復太郎研究−』(慶応義塾大学出版会, 1999年)
慶応義塾編『慶応義塾百年史』全6巻 (慶応義塾, 1958-69年)
慶応義塾福澤研究センター・三田情報センター『小展示 日本における経済学の生誕と慶応義塾』(1990年)
慶応義塾経済学会編『三田学会雑誌 藤林敬三博士追悼特集』(56巻6,7号, 1963年)
慶応義塾経済学会編『三田学会雑誌 高村象平教授退任記念特集号』(64巻8号, 1971年)
経済学史学会編『日本の経済学』(東洋経済新報社, 1984年)
経済学史学会編『経済思想史事典』(丸善, 2000年)
気賀健三「社会主義と私有財産制度」(三田学会雑誌. 75巻特別号, 1983年)
小泉信三『小泉信三全集』全26巻+別巻 (文芸春秋, 1967-72年)
国史大辞典編集委員会編『国史大辞典』全15巻17冊 (吉川弘文館, 1979-97年)
小室正妃「シリーズ「義塾の20世紀」経済学の潮流(上)」(三田評論. 1018号, 1999年)
町田忠治伝記研究会編『町田忠治 伝記編』(櫻田会, 1996年)
松野尾裕『田口卯吉と経済学協会−啓蒙時代の経済学』(日本経済評論社, 1996年)
増井健一「ひとりの経済学者の思想と行動−第二次世界大戦と武村忠雄−」(近代日本研究. 12巻, 1995年)
増井健一「昭和十二〜十五年の三田経済学部の先生たち」(近代日本研究. 15巻, 1998年)
松川七郎「アダム・スミスのわが国への導入の一齣」(図書. 11月号, 1971年)
松本剛『野呂栄太郎』(新日本新書, 1985年)
松野尾裕『田口卯吾と経済学協会−啓蒙時代の経済学』(日本経済評論社, 1996年)
松沢弘陽「解説」(福澤諭吉選集 第一巻. 1980年)
松沢弘陽「解説」(文明論之概略(岩波文庫). 1995年)
丸山寅男『「文明論之概略」を読む 上・中・下』(岩波新書, 1986年)
馬渡尚憲『J.S. ミルの経済学』(御茶の水書房, 1997年)
三島憲之「明治中期におけるナショナリズムと経済思想−日本経済会と国家経済会を中心に−」 (経済学史学会大会報告集 第63回全国大会. 1999年)
見田宗介他編『社会学文献事典』(弘文堂, 1998年)
水田洋『ある精神の軌跡』(社会思想社, 1985年)
森岡清美他編『新社会学辞典』(有斐閣, 1993年)
Tessa Morris-Suzuki, A History of Japanese Economic Thought, Routledge, 1989. (藤井隆至訳『日本の経済思想』岩波書店, 1991年)
長岡新吉「日本における経済史学の発達」(一般経済史. 1983年)
中村隆英『昭和史機1926-45』(東洋経済新報社, 1993年)
西川俊作「G・ドロッパーズの履歴と業績」(三田商学研究. 26巻1号, 1983年)
西川俊作『福澤諭吉と三人の後進たち』(日本評論社, 1985年)
西沢保「歴史学派の受容と変容」(商学論纂. 38巻5号, 1997年)
野村兼太郎『日本社会経済史 第二巻』(ダイヤモンド社, 1951年)
大河内暁男「石川・嵯峨訳『富国論』の形成−書誌的研究−」(経済学論集. 42巻4号, 1976年)
大森郁夫「慶応義塾大学経済学部史」(HOPEニュースレター. 第2号, 1977年)
酒井三郎『昭和研究会−ある知識人集団の軌跡−』(中公文庫, 1992年)
坂本多加雄『象徴天皇制度と日本の来歴』(都市出版, 1995年)
千舟会編『金原賢之助君追悼録』(慶応通信, 1960年)
島崎隆夫「日本経済思想の研究−徳川時代経済思想を中心として−」(日本における経済学の百年 上巻. 1959年)
白井厚監修『慶応義塾消費組合史』(慶応通信, 1990年)
白井厚編『大学とアジア太平洋戦争−戦争史研究と体験の歴史化−』(日本経済評論社, 1996年)
白井厚監修・慶応義塾大学経済学部白井ゼミナール『共同研究 太平洋戦争と慶応義塾』(慶応義塾大学出版会, 1999年)
杉原四郎『日本の経済雑誌』(日本経済評論社, 1987年)
杉原四郎『日本の経済思想家たち』(日本経済評論社, 1990年)
杉原四郎『続 日本の経済雑誌』(日本経済評論社, 1997年)
杉原四郎「戦後初期における価値論争の一成果」(場(こぶし文庫). 14号, 2000年)
杉本俊朗「遊部久蔵君のことども」(場(こぶし文庫). 14号, 2000年)
杉山忠平『明治啓蒙期の経済思想』法政大学出版局, 1986年
Chuhei Sugiyama and Hiroshi Mizuta ed., Enlightenment and Beyond, University of Tokyo Press, 1988.
館龍一郎編『ケインズと現代経済学』(東京大学出版会, 1968年)
高橋誠一郎『回想九十年』(筑摩書房, 1973年)
高橋誠一郎『随筆 慶応義塾』(慶応通信, 1982年)
高橋誠一郎『随筆 慶応義塾 続』(慶応通信, 1983年)
田崎公司「明治黎明期の知識人−『富国論』翻訳者・石川瑛作を中心として−」(歴史評論. 458号, 1988年)
上野直蔵編『同志社百年史』全4巻 (同志社, 1979年)
八木紀一郎『オーストリア経済思想史研究』(名古屋大学出版会, 1988年)
八木紀一郎『近代日本の社会経済学』(筑摩書房, 1999年)
柳沢治「戦前日本の統制経済とドイツ経済思想」(日本経済思想史研究会・例会報告レジュメ. 2000年3月11日, 於立教大学)
鷲尾義直編『犬養木堂伝 上巻』復刻版 (原書房, 1968年)